FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フローリングに畳  ゼロからのご提案

…になる。どうしても。


もともと和室ならば、どのグレードの畳表と縁を選ぶかで済むことも、洋間に畳の場合、縁ナシか縁付きか、一畳サイズか半畳市松敷きか、カラー畳にするかイグサ畳か、厚みは、畳床の仕様は。。。と決めなくていけないことが山ほどある。

しかもそれぞれの素材の長所短所を理解して頂いて、仕上りのイメージが分かるようにプレゼンしないといけない。

さらに予算の兼ね合いもあったりするから一筋縄ではいかない。


というわけで、今回は地元企業様の休憩所に畳。

休憩所なので、ローコストで良いのではとか思ったりもしたが、まあ。。その休憩所のお洒落なロフト風の屋根裏で。。。無垢のフローリング材で。。とても楽屋に敷くような畳ではダメだ。。。と現場見て思った。



そんな訳で、何種類か表タイプの見積りを作る。
無数の組み合わせがある中から5つのプランに絞るのに2時間以上かかってしまった。



できれば、国産イグサメセキの縁なしに決まればいいと思っているのだが、社長様が、自宅に使ってある和紙の畳が丈夫だという印象を持たれてるようなので、多分ダイケン(和紙)カラーあたりに決まりそう。

使うほどにボロくなるエイジングを楽しめない化学畳は個人的にはどうかと思うのだが、雰囲気が良い、メンテが楽という長所もある。

和紙。。確かに擦りきれないしカスもでない。でも普通にボロくはなる(泣)


畳本体は、わらしべ工房オリジナルの「極薄だけど昔ながらの藁畳の柔らかな感触を再現した張替えも出来る畳」をご提案。



施工納品が楽しみだ。




フローリング用の畳、縁なし畳、琉球畳、カラー畳に関する詳細は↓

http://www.warashibekobo.com

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。