FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ですが国産の畳の良い点

これ↓



6年前の震災で入れ替えた畳です。表面が結構なバーコード状態でしょ?



純国産畳表です。


当時は震災特需の影響で相場が安定しなかったためか届く品物の品質がバラバラでした。


一般の家にこれ使っちゃうのかよ?ってことですが、上の理由から品質を保つのが非常に困難で泣く泣くこういうものも使いました。納期の関係もあったしね。


それに当時は全体的に兎に角住む場所を作ることが最優先でした。畳表の品質を吟味できるようになったのはもう少し後のことでした。


集めてくださった産地の生産者さんには感謝してます。協力がなかったらどうにもなりませんでした。




この畳のお客様の家に今日別件で伺いました。
畳を見させてもらうと。。。


↑の写真の感じです。

しかし写真で見るより結構綺麗です。
光沢があり、驚きましたが擦り切れがありません。
そして発色が良い!


中国産は、アパートクラスの畳表でもここまでバーコード状態にはなりませんが、経年の味わい深さという点では敵いません。

中国産→使ったぶんだけ傷む
国産→使ったぶんだけツヤが出る

こんなイメージが自分の中にはありますが、今回の普及クラスの国産でもそれが正しいことがわかりました。

イメージや安全性から国産を選ぶお客様が多いです。
それ以外の国産畳表のメリットとして、エイジングも楽しめます。



普及クラスだとバーコード模様になりがちですが、ちょっと良いクラスの国産選んでおけば、ツヤツヤでムラのない綺麗な黄色やアメ色のなんともいえない風合いがお部屋を明るく演出してくれます。




とはいえ、このチャボ(に似た色合い)クラスの畳表はもう扱うことはないかな。。




お問い合わせ先
宮城県東松島市大塩字尻貝23
わらしべ工房
0225-83-5272
朝10:00~夜9:00

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。